2013年03月06日

韓国・無念の敗退…

何とあの優勝候補の一角に挙げられていた、韓国がWBCで初の1次ラウンド敗退という
残念な結果に終わってしまった。
…そうは言っても上位2チームと同じ、2勝1敗で結果首位通過となった台湾に勝っての
第1ラウンド敗退という、いささかルールにやられた感じもある。
実力はあるのだろうが、調子が出る前に終わってしまった気もして、残念だ。

しかしながら、勝ち抜いた台湾もオランダも強いことには間違いない。
もしも日本も、A組ではなくB組に入っていたら今の調子では勝ち抜けたかどうか
疑問が残る。
今日からのキューバ戦以降は、オランダとも台湾とも対戦する可能性があるだけに
圧勝して、一気に弾みをつけて決勝トーナメントで米国?を撃破したいところだ。

今後も気になるのはやはり、投手力より打線の方だ。
前回大会では、あのジーターに「内野ゴロが飛んできて一塁へ投げようとすると
打者走者は、もう既に一塁手前まで来ている」とあきれさせたほどの俊足揃いの
メンバーだった。
この走力こそが、本塁打の少ない日本の得点力になっていて、今回も山本浩二監督は
はっきりと打線はあまり打てないだろうから、足を使う事を意識した選手を選出した
というような事を言っていた。

見ている方は、それでもやはり一発の魅力は大きく期待をしてしまうが
第1回大会の日本の主砲松中が、今回メンバーの松田に言っていたが外国人投手の
パワーに押されて、長打を狙うのは相当難しいそうだ。

という事は、前半で投手陣が踏ん張らないと3点以上の差をつけられてしまうと
一発が無いだけに、連打しつつ足も絡める、これを繰り返していかないと勝機は
無いという事か?

それでも、言うまでもなく一発の魅力は大きくランナーが溜まって一発出れば
一気に盛り上がるし、連打を繰り返すよりも期待をしてしまう。
外国人投手のパワーに、飛ばないボール、これらのハンデをはねのけて
日本チームで誰が最初に、一発を打つか興味深いところだ。
posted by YOU at 16:34| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

明日はキューバ戦

何だかんだで、気が付けば2勝0敗の侍ジャパン。明日は最初の難敵キューバ戦。
先発は大隣が有力。キューバは日本が苦労した相手、中国にコールド勝ち。
(コールド勝ちなんてあったんですね)一方の日本は、強化試合を含め今の所それほど強い
チームとは対戦していないのに、どれも接戦というか苦戦気味。

普段あまり、日の丸を背負う事に慣れていないプレッシャーからか、力では断然上の
プレーヤー達が、相手投手に、相手打者に苦労している。
力通りのプレーが出来れば、どれも大勝になると思えるのだが…。
考えてみれば、練習試合とはいえ中国は、巨人やオリックスに大敗していた相手…

今回は現役メジャーでの選手が皆無だが、そんなメンバーがいなくても十分勝てる
豪華メンバー、投手陣を見ても逆に、大量リードを許してしまった時に誰を使うかを
考えてしまうほど、もったいないメンバーである。

ただ、サッカーでもそうだが国際試合では独特の雰囲気もあり、特に強豪チームと戦う時は
メジャー経験者が何より頼りになると思う。
第1回大会、米国と戦った時に日本人選手の緊張を解く?ためにイチローが見事先頭打者
ホームランをかっとばした。
あの場面、単なるヒットでの出塁より何よりホームランが一番効果的であってイチローも
おそらく狙っていたのではないだろうか?

その現役メジャー選手がいない今回、やはり頼れるのは元メジャーの松井や、WBC経験者の
内川・杉内、ベテラン稲葉や昨年巨人で素晴らしいキャプテンシーを発揮した阿部など。
この様な選手たちが、引っ張ればいい雰囲気になっていくのではないだろうか?
緊張はあって当然だが、もうそろそろ調子はともかく、硬さはとれないと何といっても
今はアウェイではなく、ホームでの試合でいい雰囲気でやれているはずだし、応援などもほぼ
日本ファンが占めている。

トーナメントではないので、まだ何回か負ける事ができるが、今回は明日からのキューバ戦を
含め、対戦相手となる、B組のオランダ・台湾・韓国、どれも手ごわい。
中国やブラジル、オーストラリアよりは、数段上の相手である。
驚いたことに、韓国は今回史上最強チームと言われながら、1次ラウンド敗退の大ピンチを
迎えている。
その韓国を敗って出てくる、オランダや台湾は相当強敵だし、もし韓国が困難な状況を
打ち破って、2次ラウンドに出てくると、これもまた勢いが相当増して、手ごわい相手と
なりそうだ。






posted by YOU at 20:48| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

vs中国

昨日のブラジル戦、思わぬ大苦戦の中、勝利した侍ジャパン。
強化試合を見ても分かるように、力の差は歴然としていたのにキャプテン阿部が
言っていた様に初戦は難しい戦いだったのかもしれない。
力が違いすぎるがゆえの、勝って当然、多くの人が大差勝利を予想するなか
8回までリードを許し、あわやの場面だったが最終的には自力に勝る日本が底力を見せつけた。

8回の逆転シーン、日本を研究しつくしているというブラジルだが、無死一塁から四番糸井の送りバント
一死二塁から、代打井端の流し打ち、日本のプロ野球ファンならここまでの作戦は見え見えの作戦に思えた。
日本を研究していたブラジルは、この場面徹底的にインコース攻めで勝負するのかと思いきや、結局井端にきっちり、ライト前タイムリーを打たれた。
桑田氏は、あのボールはインコース寄りのボールと言っていたが、流し打てるボールの様にも見えたのは、相手投手が左だったせいもあるのだろうか?もちろんきっちり打った井端の技術も素晴らしいのは、言うまでもないが…

今日の相手は中国、強化試合ではソフトバンク・巨人相手に2試合とも1-8のスコアで敗れている。
今度こそ、大勝が予想されるが、昨日の事もあるので、首脳陣からくれぐれも相手をなめるなという発言は
あったと思われる。
国際大会、サッカーもそうだが圧倒的に格下の相手とやる時は、勝って当たり前のように見られがちだが
楽な試合なんて一つもないという話しをよく聞く。

しかし短期間でこれだけ毎試合毎試合負けられない、気が抜けないという試合をしろというのは、言うまでもないが相当な事だと思う。もちろんそういう大会なのだろうけれど…
しかしどう考えても、格下チーム相手にまで歴史や伝統、実績のある日本のプロ野球の一流投手を投げさせるのは何か変な気がするというか、もったいない感じもする。

…そう言えば、代表を辞退した中日の吉見がオープン戦で好投したようだ。
キャンプ中では、ブルペンでいい投球をしているのを見た東尾コーチを悔しがらせるほどの
出来たったそうだ。
先日のゲームで、主力の田中・杉内・攝津がことごとく打たれた今、その気持ちは
もっと膨らんでいるかもしれない。
吉見もそうだが、最終選考で体調面を考慮して落ちた、同じく中日の浅尾を落としてしまったのは
もっと悔やまれる気がする。

今の所、抑えは牧田に決めたようで実際昨日の試合でも最終回をきっちり0点に抑えたが
この調子で、米国・キューバ・韓国と相手が強化されていくが、最後まで行けるだろうか?
確かに牧田は、外国にはあまり見かけないアンダースローで昨日出たブラジルの同タイプの
投手より、遥かに技術が上だ。

西武でも新人の年に抑えを、立派にこなしている。
しかし抑えの実績はたった一年。
過去の大会では、修羅場を数多くくぐりぬけてきた、日本を代表する抑えの岩瀬や
藤川球児までもが、大苦戦してきているので、牧田以外の抑えも出来るだけ多く
考えていた方が、いいのかもしれない。
もしかすると経験のある攝津よりも、田中や澤村が最終的に抑えに回っているかもしれない…?!
posted by YOU at 16:45| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

祝開幕!WBC3連覇へ〜侍ジャパン!!

ついに待ちに待った、4年に一度の野球世界一決定戦・ワールドベースボールクラッシック!
日本の初戦の相手はブラジル。
正直サッカーなら、絶望的な相手だがブラジルと聞いて野球のイメージはほとんどないに等しい。
日本球団との練習試合でも、さほど強さは感じられない。
日本に、余計な力が入らなければ敗戦はまず考えられない。

初回、格としては遥かに上の楽天・田中だがどうしたことだろう?
簡単に1点を奪われ、ヒットも簡単に打たれていた。
田中ほどの投手なら、今や日本の絶対的エースの存在でポストダルビッシュ的な、存在感といえるほどの力の持ち主のはずなのに…。
思えば、練習試合の時から調子は決して好調とはいえない出来だった。

どこか体調でも悪いのだろうか?今日の試合も最初から、その表情からはひきつった様子がうかがえ、緊張でもしていたのだろうか?表情がやけに硬い様に思えた。
国際大会の独特な雰囲気なのだろうか?打線も初回は少々緊張気味で硬くなっているように見えた。

しかしそこは、自力の上ではるかに勝る侍ジャパン。4回に見事逆転、先発の田中も首脳陣は不調と見たのか?あっさり交代、代わった杉内は安定感抜群の投球を見せた。

この大会の重要なポイント。海外組がいない中、3大会連続出場の経験者杉内の存在、しかも前回大会では、1点も許さず完璧な投球内容、統一球の完全克服、マー君やマエケンがいる中、18番を杉内に託した首脳陣の期待は計り知れない。
不安と言えば、昨シーズン後半はケガでペナントを離脱し、復帰後も本来のピッチングが見れらず早めに復帰したのに、クライマックはおろか、日本シリーズにも間に合わなかったため、果たして本当に復調しているのかどうか、見切り発車的な部分もある。

現在4回裏、一死二塁のピンチ、この展開は日本の力を考えると大苦戦といってもいい展開だ。
ある評論家が言っていたが、ブラジルはいい投手が4人位いるので、点を取られる展開になると苦戦すると言っていた。
万が一この試合を、落とすようだと今後キューバも控えているだけに精神的にもきつくなる。

あっ、杉内タイムリー打たれた…
何故、こんなに格下の選手達に日本が誇る一流投手が打たれてしまうのだろう…
単なる、初戦のプレッシャーなのだろうか?

がんばれニッポン!



posted by YOU at 20:49| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

たけしとタモリ

先日何十年かぶりか忘れたが、久しぶりにビートたけしが笑っていいとものテレフォンショッキングに
出演したのが話題になっていた。
近頃は、友達の紹介という設定は無くなったので番組が選んだ格好(映画の宣伝だろうけど)だった。

ただ映画の宣伝でも、昔なら特に不仲という訳ではないけど、タモリがOKは出さなかったのかもしれない。
しかしお互い、還暦を過ぎたせいなのか最近のタモリは、同年代のたけしに親近感のようなモノが出てきたのか、あるテレビ局の楽屋でも、タモリがたけしの元をいきなり訪れ、「辞める時は、一言声かけてね」と言ったそうである。
これは島田紳助の事があっての、発言だったのだろうか?確かに紳助が辞める時には、会見上のインタビューで唯一芸能人で、伝えた相手が松本人志と言っていた。親友のさんまには言わなかったのだろうか?
もっとも、たけしとタモリはそれほど親友ではないと思うのだが…?

それから、たけしが「いいともの司会は俺のところにも話しが来た。」というのが初告白ということになっていてタモリも初耳と言っていたが、当時は確か「オールナイトニッポン」で高田文夫に「いいともの話しはオレの所にも来た」と言っていた。
確か横澤さん辺りから言われ、たけしは「月ー金の帯はきついから」と言って断ったら、いつの間にかタモリになっていたという様な話しをしていた。

…たけしとタモリ、この二人の対談は今回よりもやはり、初めてたけしがテレフォンに出た時の方が注目したし、印象的だった。
あの時は、その週の何日かをたけし軍団で回し、もうこうなればたけしが出るしかないという所まで来て
そのまんま東か、タカの次に、回ってきたと思う。

そのまんま東が出た時には、たけしの話しになり興味深い話しをしていた。
それは、軍団のメンバーではやはり、タモリの話しをするのはタブーの空気があったの様で、ある日のいいとものオープニングでタモリが話したトークに、たけしが「プッ」と吹き出し、なかなか面白いじゃねぇーか的なコメントを東に言ったそうだ。
それを聞いていたタモリも、何だか少し嬉しそうな表情をしていたのが、とても印象的だった。

そしていよいよ、たけし初登場。どんな話しをするのか注目された。
もともとたけしも、照れ屋という事で、あの時も伏し目がちにしていて、あまり話も、はずまなかった様な感じだったと思う。
タモリにしても、確か終始受け身の感じでイマイチだった。
あれを見ていた和田アキ子も、「相変わらず○○だったんだって」と何と言ったか忘れてしまったが、多分話しがかみ合わなかった的なコメントを残したと思う。

今回見ていて改めて思ったけど、やはりあのツーショットでは話しが盛り上がらないのだと思う。
大物同士が絡むと、得てしてそんなものなのかもしれない…
タモリがたけしに話題を振らせ、たけしがボケてもタモリは乗っからずに「そうなんだ〜とか、へぇ〜」などというリアクションが多く、さんまの様に乗ってきてくれれば、もう少し自然な感じに見ていられるのだが…

それでも、舞台裏ではタモリがたけしに対し、「今度じゃあ、飲みに行く?あっ、でも映画で忙しい?」などと少々気を遣いながら?
たけしに聞いたそうである。たけしの方も「映画は撮り終わったので…」と、照れ臭そうに?答えたそうだ。
その後、連絡先の交換をしたのだろうか?何か還暦を過ぎた二人なのに、かわいらしくとても微笑ましい、いい話しに思えました…
posted by YOU at 21:14| お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

オルフェーブルは凱旋門賞で、なぜ負けた…?

今回こそはと、日本人のそして多くの競馬ファンの長年の夢と期待に応えるべく日本の史上最強馬?が前哨戦を無難に勝利し、今年最高の出来と言われる状態で挑んだ大レース、凱旋門賞!

過去にもあの、日本最強馬と言われたディープインパクトでさえも3着がやっとで、レース終了後の武豊のコメントでは、いつもの飛ぶ様な感覚が無かったという、最強馬を凡走させてしまうほどの厄介なレース…。

…しかしこれだけの実績がある、オルフェーブル、そして中継をしたMrサンデーでは「オルフェーブルは、まだ本気を出して走っていない」などと、強さを最大限にアピール!!
レースの時間が刻一刻と迫り、期待はどんどん高まっていく。

そして運命のスタート。心配された、オルフェーブルの気性、我慢しきれずにまたどんどん先行してしまうのではという、不安をよそに今回はうまくスミヨン騎手が抑えて後方待機。
そして我慢して我慢して、最後の直線に入り勝負と見るや、スミヨン騎手の猛スパート!
インに入って先頭に立つと、いつもの、後は後続馬を全頭置き去りにする、超一流馬の勝ちパターンが
頭の中で描かれる。

…ところが今回は違ってしまった。あのパターンで差されるなどオルフェーブルにはあり得ない事だと思うのだが、実際に起こってしまった。
長年競馬を見てきたし、一流ではなく超一流の馬も色々見てきたが、本当に競馬はわからない。
あれは、何故負けたのか…?
先頭に立つタイミング?勝った馬は人気薄だが実は強い、ポテンシャルを秘めた馬なのだろうか…?
ライスシャワーの様なタイプか?それとも、ペリエとスミヨンの差なのか?ロンシャン競馬場の深みのある芝が原因なのか…?

あれがオルフェーブルの実力だとは信じたくないので、是非来年も挑戦して、リベンジを果たして欲しいものである。

…とかいいつつ、天皇賞をカレンブラックヒルが無敗で制し、有馬記念でオルフェを負かしてしまったら、あっという間に、世代交代などと騒がれ、主役交代になるなんてことにもなりかねないのかもしれなかったりして…

posted by YOU at 19:11| 秋競馬で1発モウケ$¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

余裕?

ペナントレースも後半、9月に入り2位中日との大事な3連戦かと思いきや、余裕なのか?
中日の投手が初戦・吉見、2戦目ソトと万全の体制で向かってくるのに対し、ジャイアンツの
方は、初戦が小山、2戦目笠原と今年実績を上げてきた若手投手を起用してくるようだ。

確かに2位とのゲーム差が10も離れていれば、多少の余裕も出てくるのかもしれない。
ベテランである、高橋由などは休ませながら使っている感じがする。
阿部も一塁を多く守らせ、守備での負担を軽減している感じがする。

ただ、それならば中継ぎ・抑えをもう少し何故休ませてあげないのか?
山口・西村の2人は、逆に先発投手が好投していて完投できそうなのに
わざわざ、8、9回二人を起用し、勝利の方程式を完全なものにしている感じがある。
これから、プレッシャーのかかる短期決戦が2つ控えているのに、肝心な所でバテなければ
いいのだが…
山口などは、夏場の絶好調から比べると、ヒットを打たれるのが最近目につく。

打線もめまぐるしく、変えすぎな感じもする。
強いチームは、メンバー固定というのは、もう古い話しなのだろうか?
確かに選手層は厚いのかもしれないが、たまに出てきてそんなにやたらめったら
活躍できるものなのだろうか?

…しかし今の所そういった采配は功を奏しているみたいだけれど…
貯金や気持ちに余裕があるのは、わかるけど油断は禁物だと思う。

何より2位の中日は、2位とはいえ貯金が21で普通ならこの成績でも独走
していておかしくない。
前年の覇者だし、巨人とは今季も対戦成績は互角の戦い。
短期決戦で、吉見・ソトが登板したら、2連敗の可能性は十分にある。
前回はこの2人にやられているし、去年からソトを打ち込んだ記憶がないような気がする。
浅尾も今日から復活してくるようだし、中日の方もゲーム差は別として、3連勝すれば
CSに向け、かなりの勢いがつきそうだ。
posted by YOU at 20:04| 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

2012年モデル・キーレス型スパイカメラ!

今、ネットで大人気の小型カメラシリーズ!
その中でも特に人気のあるのが、キーレスタイプ!
その名の通り、キーレス型のデザインで更に、暗視補正機能が付いた最新版!!
(暗視補正機能とは、少ない光源部分から全体を明るく露出補正する機能です。
全く光のない場所では、明るく補正する事は出来ません。)

まさに本物!デザインには徹底的にこだわった小型カメラ!
繰り返し録画・外部電源対応。

その特徴…
レンズ品質・720P
少ない光でも明るく補正して、撮影します。
動画サイズ、1280×720
静止画サイズ、4032×3024
内蔵メモリ、16GB。大容量がその日から!
外部電源機能・外部電力を利用して撮影が可能です。
繰り返し録画、古いファイルを上書きして録画を継続。

最新スパイアイテム
最新鋭スパイ機能搭載!
スパイダーズXプロデュース新機能!
新型CMOSイメージセンサー搭載モデル!処理が違う、画質が違う!

高速ファイル転送!
イライラ、時間のかかるファイル転送を改善!
A-260専用転送ケーブルを付属。
10分間の撮影ファイル、約600MBのファイルを、パソコンへ移動!
約1分20秒。

さらにさらに、まだまだたくさんの特徴を備えたキーレスカメラが
送料無料の、超お買い得価格!
その他の小型カメラ、まだまだたくさんあります。
ペン型、腕時計型、置時計型、カベ掛けフック型、メガネ型、ライター型など
いろいろな小型カメラが、次々に入荷中!

 大人気の小型カメラシリーズは、こちらから↓


posted by YOU at 18:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

夏の思い出

猛暑が続く今年の夏…夏と言えば人によっていろいろなイメージがあると
思いますが、自分のイメージの一つにはやはり何と言っても夏の全国高校野球が
あります。

物心ついた子供の頃から、現在までいろいろな試合を見てきました。
高校生のプレーは、プロにはないフレッシュで一つ負けたら終わりという
意味での一球に、全力を賭けた、ひたむきなプレーが印象的です。

最近では、昔のいわゆる常連校と言われた、PL学園や池田高校、箕島高校
など甲子園では、何連勝、何連覇を成し遂げた超強豪校が影をひそめてしまい
残念な気持ちがあります。
スカウトとか設備とか、いろんな問題がありいい選手が集まらなくなってしまったのかも
しれないけれど、少し物足りない気がします。

中でもやはりPL学園という高校は印象的というか、巨人の星、侍ジャイアンツ、ドカベン
やキャプテン、タッチなど野球漫画全盛時に育った少年からするとあの高校はアニメに
登場してもおかしくないような、学校でした。

自分が最初にPLの試合を目にしたのは、桑田・清原の少し前の世代、当時のチームから
逆転のPLと言われて、終盤までリードされていても後半8回、9回、選手たちが胸の
お守りに手をやり、打席に入ると正に神がかり的な同点・逆転タイムリーが次々と続き
あっという間に試合をひっくり返してしまうという、アニメやドラマだけの世界だと
思っていた事を実際にやってのけるという、見る側ににとってこんなに格好いいチームは
ありませんでした。
そして何より、高校野球のユニフォームはダサいというと怒られるかもしれないけど、PLの
あの胸の格好いいロゴの入ったユニフォーム!
高校生だから派手なのはいけないようですが、PLのユニフォームは
少年にとって、憧れのものでした。

その後、桑田・清原が入っての活躍は、言うまでもありませんが二人のデビュー年は
強豪校目白押しの、もの凄い大会だった。
特に前年そして春と、2連覇中で夏春夏の3連覇がかかった水野・江上率いる池田高校や
その池田に敗れ、打倒池田に闘志を燃やす横浜商や広島商、中京、高知商など羅列するだけでも
ワクワクする、大会だった。

脂の乗り切っていた池田は、その強豪、広島商・中京を撃破し3連覇も目前まできた
ベスト8で、KK率いるPLと対戦する時がやってきた。
しかし、結果は水野の調子が悪かった?のかPL打線が大爆発し、圧勝してその勢いで
そのまま優勝するという凄い大会だった。

今年の夏は、桐光学園 松井投手が素晴らしい勢いで三振の山を築いており大会注目の的と
なっているのは間違いない。(桐光学園 松井で検索すると沢山の入力補助履歴が出てくるほどだ)
果たして、この勢いは決勝まで続くのか?
自分が今まで見てきた経験上、そうは続かない気がする。これだけ騒がれ面白い様に三振が
取れると、回りも本人も、もっともっとという気になってしまう気がする。
2回戦では、そういう感じが出て、後半少しバテて常総に打たれていた。

監督が「少し押さえろとか、三振を意識するな」とか、ブレーキをかけた方がいい気もするが
ひょっとすると、そんな事など超越している凄い投手なのかもしれない…
考えてみると、強豪ひしめくあの神奈川県大会で横浜高校や、桐蔭学園を撃破してきた投手なの
だから…
posted by YOU at 19:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

勢い…

セ・パ交流戦、巨人−西武の4回戦は巨人が今季初の
サヨナラ勝ちで対戦成績を、3勝1敗とした。

それにしても、一時期の最下位を低迷していた成績が
嘘のように、交流戦の成績は14勝4敗と10個の貯金を
作り、チームの貯金も同様に10として、首位中日を
ピタリ追走している。

この日は、今季初となる東野が先発を任されどうかと
思っていたが、5回を3安打2失点と一応まずまずの
投球を見せている。
もちろん、過去には開幕投手を任された投手なので
今後夏に向けて先発が何枚も欲しくなる、これからの
時期には、もっともっとこれ以上の期待がかかって
くるだろう。

当然と言えば、当然だけど成績がいい時にはそれに伴い
選手個人の成績も、良くなってきている。
打線では、坂本と長野の打順入れ替えは結果的に大正解
だったのかもしれない。
坂本自身、1番の時とはモチベーションが全く違った様に
見え、1番の時と違い実力をフルに出し切っている気がする。
ヒットは、コンスタントに出て長打も問題なく打てる。

対する長野も、1番に入っても3番の時と同様にコンスタントに
ヒットを重ねて、こちらもホームランを含めた長打力は
他球団の投手にとって、厄介と言うかいきなり試合開始直後の
トップバッターに、こういう選手が出てくると最初から
気が抜けず、何となく入っていくという様だといきなり
先頭打者ホームランを、打たれかねない。
この日のゲームでも、先頭打者ホームランを打っている。

何より盗塁の数が現在9個で、これはリーグトップで盗塁王だと
いうから驚きだ。もっともパリーグと比べると少なすぎる数だけ
ど、長打があってなおかつトップバッターとして走れる
能力があるというのは、素晴らしい事である。

打線で他に目を向けると、やはり気がかりなのは2番打者が固定
されないという事、この日の藤村も昨年からずっと打率が上がって
こない。
いつ見ても、2割2〜3分台から上がらず2番打者としては定着させ
にくい状況が続く。
長野以上の走力を持ちながら、小技も利きそうなバッターなだけに
何とかチームとしては固定したいのだが、打力と守備力がまだまだ
物足りない気がする。
特に現在は、その上下を打つ長野・坂本が当たっているだけに
流れを止めたりする状況にならなければいいのだが…

…ジャイアンツの様に4番を集めた打線というのは、当然だが
それ以外を打つ選手が出てくる。
今までクリーンアップを打っていた選手でも、2番を打ったり
6、7番を打ったりする。
見ていて思うのだが、例えば高橋由やもうすぐ復帰する小笠原の
様に3番を打っていた選手が、今の様に6、7番を打つとよく解説者
なんかは、「巨人の選手層は厚い」などと言うが、どうも今まで通り
の3番打者時代のバッティングが出来てないというか、6、7番の
バッティングに甘んじている気がする。

飛ばないボールの影響やケガの影響があるのかもしれないが、高橋由
や小笠原の打率が、2割そこそこでホームランが少ないなんて考えら
れない。
無理かもしれないが、坂本の様に3番を打たせる事によってまた
当時のバッティングが戻ってくるのかもしれない。
posted by YOU at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする