2015年11月20日

松井玲奈の凄さ!

あまり最近のアイドルには興味はなかったのですが、以前彼女が出ていた番組をたまたま見た時に、あまりの衝撃的な映像に目を奪われてしまいました…
人気ブログランキングへ


それは、アイドルが激辛料理に挑戦という最近では結構ありふれたもので、たいした興味もなかったのですが、その激辛度が半端ではないようで、何でも確か?成人男性の20人に1人くらいの確率でしか、食べられないという激辛ハバネロチキンに挑戦するというものでした。

他のメンバー3人が、あまりの辛さに秒殺されていくのに対して、ただでさえ肉が食べられないという松井さん、周囲はこの時点で失敗というムードでしたが、何とあのもやしの様な、か細いカラダで「私、食べます!」という驚きの発言!

肉の嫌いな人や、普段肉を食べていない人は、いきなり肉を口にすると、普通の人が感じないような獣臭さを感じるという様な事も聞きます。

しかし松井さん、食べる前に自分の頬を2、3発ビンタして気合を入れたと思ったら、まるで獣のような食べっぷりでぐいぐい、嫌いなはずの肉を、モノ凄い勢いで口に頬張っていきます。さらに超激辛というキツさもあるはずなのに、あっという間に完食してしまいました。

頬を2、3発叩いて気合を入れるなど、今どき男でもあまり目にしない光景だし、何より他のメンバーが、手も足も出ないような辛いものを、そこまでして食べる意味はあったのか?

あまりの豪快さと、彼女の根性と、あの華奢なカラダで、一見そんな事をやってしまうようにはとても思えない、というギャップもあり、見ていて涙が出てくるような衝撃を受けました。実際リポートしていた、スピードワゴンは2人とも、泣いていたようでした。

食べ終わった後のコメントも、「みんながしゃべっている間に、コレ(ドリンク)を4杯も飲んじゃいました」というコメントも、笑える最高のコメントでした。

まだ、20代前半でとても若いのに、芯は物凄くしっかりしていて、役者で生きていくという大目標もあって、SKEを卒業する時も涙を見せずに笑顔で卒業したようです。

デビュー当時は、いつも一人での行動が多かった様で、バラエティーに出演してもいつも席は隅の方でしたが、やはりこれではいけないと変身していったようです。

でもあのような、女だけの大勢のグループで、一人でお弁当を食べたり、周りと離れて大人しくしているなんて仲間外れとか、いじめられたりしそうで、普通の人ではなかなか出来るものではありません。
しかも、すぐに修正できるところなんて、しっかりしているという言葉では追いつけないような、凄さがあると思います。

秋元康さんは、メンバーにキャラを作れという様な事を、AKBグループの人たちには言っている様です。キャラが無いと、例えば曲を作る時も詞が何も浮かばない…

確かにこれは秋元さんでなくても、一般人が友達なんかを作る時に、その人の魅力とか、どういう人なのかと思った時、趣味や考え、ハマっている事なんかを一つでも多く公開してくれれば、こちら側もしゃべりやすいし、わかりやすくて相手を理解しやすい。

松井さんは、マンガ・アニメ、鉄道、メロンパン、スニーカー、ぼっち、激辛好き…と、たくさんのキャラがあって実際、レギュラー番組も獲得していっているようです。

考え方も、天邪鬼というか、いい意味で偏屈?的なところもありますが、常に他人と違う意見や見方が出来るというのも彼女の魅力的な部分なのかもしれません。

SKEを卒業して、アイドルから役者の道に一直線かと思いきや、今の所ドラマや映画というよりは、圧倒的にバラエティや情報番組的な出演が多くて、大丈夫?という感じもしますが、これは恐らく今は松井玲奈という名前を、たっくさんの人に知ってもらうというような意味もあるのかもしれません。(過去に卒業した先輩の前田さんや大島さんは、いきなりドラマや映画というパターンでしたが…)

もちろん、バラエティーだからといって手を抜くような感じもないようですし、彼女らしくおもしろコメントをしたり、一つ一つしっかりと爪痕を残して行っているような気がします。

来年はもうすでに、日テレでドラマの仕事も入っている様で、来年は役者として飛躍の年になる予感です。


   



タグ:松井玲奈
posted by YOU at 20:00| アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする