2014年12月27日

爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭りスペシャル!

爆笑問題MCの、年に一度のネタ番組で、いつの頃からかメンバーも固定されてきたような気がします。
人気ブログランキングへ
シソンヌは、キングオブコントのチャンピオンという事で、初めて見ましたが不思議な感じのコントでした。でもさすがに優勝するだけのコンビだと思います。

そしてナイツも、いつもの一つのワードを次々に展開させていくパターンは、どんどん進化されているような感じで、今回も頭に「小」を付けていくという展開。途中で気づいても、こちらの想像を絶するような展開にもっていくのは、クオリティーの高さを感じさせられます。

サンドウィッチマンも、独特のいつものパターンですが、サンドウィッチマンのネタは安定感があるというか、今まで見たネタでつまらなかったというネタは、一つもないくらい精度の高さがあるような気がします。
しかも、漫才でもコントでも両方出来るという、他のコンビには出来ない強みもあります。

爆笑問題の事務所の後輩の、日本エレキテル連合は、やはりというか「朱美ちゃん&細貝さん」の「ダメよ〜ダメダメ」は、もう今後はやらないつもりなのでしょうか?今年大ブレークして、流行語大賞も獲りましたが、一発屋芸人と言われ、本人たちもそうならないために、他の先輩芸人たちにアドバイスしてもらっていたようです。

特に大ファンと言っていた、志村けんさんにも、今後の事について相談していましたが、志村さんは「あのネタは止めない方がいい、面白いんだから、パターンを変えて、歳をとってもやり続けた方がいい」的なアドバイスを確か?していたような気がします。

これを受けて、一番アドバイスしてほしい人に、言って欲しかった事を言ってもらえた…みたいな発言を確かしていたと思うのですが、実際本人たちはそれ以前から他のコントもたくさんあるので、見て欲しいと言っていただけに、今後はどうするのか注目です。
今回は、まさかの「小〜便、ち〜びるかとっ、思った〜!!」がオチで、太田さんにリベンジしたつもりなのでしょうか?

そしてちょっと残念だったのが、東貴博&土田晃之コンビ。以前もこのコンビで、互いのネタをやり合うというパターンで、ショートコントをやっていたのを見ましたが、今回は、もう一人マル秘人気芸人を用意しているという事でしたが、インチキ臭い感じだったので、恐らく上島竜平さん辺りかと思っていましたが、アンジャッシュの児島さんでした。

今回は、東&土田コンビの互いのネタを出し尽くした?感もあって、ほとんどアンジャッシュのネタで後半は、BOOMERやプリンプリンのネタをやっていましたが、ウケてもウケなくても、これをやってしまうのはどうなのか?イマイチ微妙だったような気がします…

トリは爆笑問題でしたが、やはり今のポジションでも、ネタをやり続けているだけあって、まだまだ錆びついていない、爆笑問題ならではの質の高い漫才が見られました。この地位で、ネタをやり続けている、他の芸人が、前にも後ろにも見当たらないので、それだけでも凄い事だと思います。
posted by YOU at 22:05| お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする