2014年11月29日

大混戦の難解、ジャパンカップ!

今年2014年の競馬のジャパンカップは、ここ数年の中でも超豪華メンバーが集結した、最高のレースが
期待出来そうです。
人気ブログランキングへ
1番人気は、現在2連覇中のジェンティルドンナになるのでしょうか?恐らくここを勝てば、ジェンティルは引退レースとなるかもしれないので、去年勝利したムーアを乗せて、必勝態勢さが伝わってきます。

こういうメンバーが揃うと、何を基準に予想すればいいのか苦労します。どれが来てもおかしくないと思う反面、強豪馬がどれも来ないなんて事も過去にはあったりするので、いっその事、そっちで予想すれば高額配当も狙えていいのですが…

ジェンティル、ハープ、ジャスタ、エピファ、イスラボ、ワンアンド、スピルバーグ、フェノー…この8頭は、どれも1着になっておかしくない馬たちです。

消去法で行くと、ジャスタは距離が長いような気がします。2000mでジェンティルをぶっちぎっているのに、2400だとハープに負けています。エピファも、復活してから連対すらなくて、このメンバーでは苦しそう?
何となくエイシンチャンプにタイプが似ている様な気がします。
イスラボも、先行馬タイプで良い位置で競馬は出来そうですが、前に居る分、後ろからあと少しのところで差される競馬が考えられます。

ワンアンドオンリーも、同じ2400の舞台のダービーでそのイスラボを差している事から、意外に人気も落としていて良さそうな気がしますが、前走の負けすぎも気になります。スピルバーグも最高の上り馬で末脚の破壊力は凄まじいですが、ジャスタ同様に距離が心配です。

単純に対戦成績だけで決めると、ジェンティルを敗った、ジャスタウェイ、それに勝ったハープスターが一番強いのかもしれません。何と言ってもハープはイスラボニータもぶっちぎって勝利しているので…。

ただ何が起こるか分からないのが競馬です。こういった最強の日本馬達が勢ぞろいした年に限って、ここ数年全くいいところのなかった外国馬が、しれ〜っと勝利をかっさらったりしてしまったら、何じゃそりゃ的な気になってしまいます。
posted by YOU at 22:59| 秋競馬で1発モウケ$¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする