2007年01月04日

細木数子vsタカ&トシ

新春もズバリ言うわよ!にタカ&トシが出ていた。
久しぶりに見たが細木数子のコメントは、段々きつくなって
きていて昨日のタカ&トシは見ていて少々可哀相になってきた。

まずノッケから二人が嫌いなのかと思わせる程、「私に何を聞き
たいの?」…それから二人が質問をしても一言で片付け、「あとは?…
それから…」…しばらくこの繰り返しが続いた。

これを見ていてタカ&トシがスゴイ?と思ったのはこの細木の
態度に一向にふて腐れる事もなく(番組上しょうがない?)何とか
笑いという出入口を必死に探して、うまくかわし最終的には細木の
気持ちを戻していた様に見えた。
これは、テレビ慣れしてきた細木の演出なのかもしれないが…
お笑いには特に、厳しく接している感じがした。

しかしそれ以上にタカの切り返しが見事で、改めてこのコンビの
笑いのセンスを認識した。(因みに細木数子は二人はセンスない
と言っていたのだが…)

そして細木が言うには、タカがトシに対して「不満を持っている
んだろう、解散したいと思っているんだろう?」…何度も否定して
いたタカだが、あまりの細木のしつこさに、トシの突っ込みについて
話し出した。

「お前の突っ込みはオレには、かなりアンテナを張っていていいの
だが、これから司会としてやっていくのなら くりぃーむの上田さん
みたいに、現場に居る色んな人に突っ込まなくては駄目だ!
お前の突っ込みはオレだけにしかしない、それじゃ駄目なんだ」
と、この話をしている間 トシは素直に「ハイ、おっしゃる通りです」
と、少々うつむき加減で全面的にこれを認めていた。

こんな話テレビでする様な話ではないのだが、タカは酒を飲まないと
こういう話が出来なく、いい機会なので全部言わせてもらったと
言うが、細木の振りでやった事なのか?トシの少し凹んだ表情を見ると
本当に今までこの程度の話をしてこなかったコンビだったのだろうか?
どこまでが本当なのか定かではない。テレビには演出というものが
あるから…

しかしタカ&トシというコンビは決して、「欧米かっ!」だけで
終わる様なコンビではない事を、番組でのタカのボケセンスを見て
確信した。
posted by YOU at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30782207
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック