2013年03月16日

準決勝を前に…

WBC、3連覇がかかった侍ジャパン!現役メジャー選手不在という事もあり、やや小粒感もあった
メンバー構成に思えたが、どっこい実力は皆一流選手の集まりで、アメリカに次ぐ野球伝統国・日本の
レベルなら、国内選手のみで十分勝てるメンバーでもあると思う。

最初こそ、格下のブラジルや中国に大苦戦をして、プレッシャーか?時期的な調子からなのか、不安を
抱かせ、どうなる事やらと思わせたが徐々に打線も調子を上げ、ようやく本来の力を見せ始め大会前に
周囲も、山本監督の口からも打線はあまり大きいのは期待出来ないから、今まで通り、足とか小技を使った
日本のスタイルでプレーするという発言が聞かれた。

ところが驚いたことに、あまり出ないだろうと予想されたホームランが出るわ出るわ…
とても過去の、足でかき回していた攻撃陣とはイメージが違う打ちまくる打線のイメージが
出来上がった。
今日対戦したカブスの選手も、日本の打撃陣にパワーのある選手がいたので驚いたそうだ。

そうは言っても、ここからは一戦必勝のトーナメント!台湾の王投手の様なタイプが来たら打ちあぐねるのは
確実で、本来の機動力野球で戦わなければいけない事は言うまでもないだろう。

…それにしても今日プエルトリコに敗れて、またしても敗退してしまった米国、今回は本気などと
言っていたが、野球の母国、野球の世界一決定戦に3回とも優勝出来なかったのは、正直なところ
大した事ではないとでも、思っているのだろうか?

そもそもこの大会って、サッカーで言うところのワールドカップと同じ意味なはずなのに、どうもアメリカの
反応は、毎回選手選びも、必死感が感じられない。
アメリカが本気じゃないから、日本のメジャー選手達もどこか、覚めている気がして、WBCよりもメジャーでの
公式戦を最優先に考えているように感じてしまう。
もっと言えば、そちらの方がレベルが高いから本気になる価値もあるし何よりモチベーションが持てるのかもしれない。

これがサッカーなら、香川や本田がクラブチームでの試合があるから、W杯は出ませんと言っているような
風に感じられる。

日の丸を背負うプレッシャーは尋常ではないし、巨人の阿部選手などは四番を任され、更にキャプテンに指名され
立場上、スランプなどは前回のイチロー同様、絶対に許されない状況という立場なのに、あれだけの活躍をしているのは
立派どころのレベルではない。

だからこそもっと、アメリカには本気になって欲しいし、この大会に優勝する意味や価値やモチベーションも
もっと持てるようにしてほしいものである。
過去この大会連覇しているのに、世界ランク3位の意味がわからない。

…今回の大会も見ていると、アメリカよりも近年力を付けてきているチーム、イタリアやプエルトリコなど
これからのチーム(国)に、必死感があり、これからもそういうチームがどんどん優勝していったりすると
この大会の意味も、イマイチぼやけてくる様な気がする。

何が言いたいのか?結局のところ、少年時代からずっと見たいのに、なぜやらないのか疑問に思っていた
日米決戦が、野球ファンとしては自分が目の黒いうちに見たいという事なのである。
昔は確かに、大リーガーと言えば日本選手は全く歯が立たなかった。

以前は二年に一度、米国のチームが来日して巨人や全日本、全セとか連合チームと対戦するのだが
観光気分で来ているアメリカ球団相手に、7、8戦して、確か?ほとんど1〜3勝程度しか勝てず
日本シリーズで日本一の強い球団を毎年見た後で、こんなにも米国とは差があるのかと、愕然とした
記憶がある。
米国のインタビューでも、日本記者から「日本の選手で連れて帰りたい選手はいますか?」などと
毎度おなじみの質問をして、米国の監督もお世辞程度に笑いながら答えていたのが印象的だった。

そのころから比べれば、今では言うまでもないが、日本の選手たちがメジャーで大活躍している。
今こそ日米決戦をやってほしいのだが、○○な事情でやらないんでしょうね。
posted by YOU at 18:35| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

井端さまさま…

いやぁ〜、興奮しましたねぇ〜、台湾戦!野球を観て興奮したのは久しぶり!
まさに紙一重の勝利でした。
勝因は何と言っても、日本チームの選手層の厚さが一番大きかったのではないでしょうか?

台湾のエース、メジャー2年連続19勝の王建民投手!
正直全く打てる気がしませんでした。
チャンスは何度も作るのですが、あのズシリとくる重いボールに日本が誇る、年俸数億円のバッター達が、ことごとくグシャっとボテボテの内野ゴロに仕留められていた。

比較的、早目のカウントから皆普段は捉えたと思った打球は、思いとは裏腹のドン詰まりの積み重ね…
決して日本選手の、力負けとかフィジカルだけの問題ではないのかもしれない。
その証拠に糸井だけは、きっちり外野へ弾き返し、しっかり捉えていたように見えた。
…ただ、もしもルールに無く王建民が完投出来ていたら、日本は勝てなかったかもしれない程のゲームだった。

投手陣の球数制限、あれは日本のチームにとって大きな意味を持つものかもしれない。
何といってもあの試合、投手交代で次から次へ代わった日本の投手陣の充実した顔ぶれと内容。
結果的に攝津やマー君は打たれはしたが、押せ押せの台湾の攻撃陣の火消しはしっかりと出来ていた。

代わった直後は、絶好調に思えた田中将大、圧巻の脱三振ショーで解説にもあったが、あの闘志むき出しの投球は、日本の攻撃陣に正に勢いをつけるには、ふさわしいピッチングだった。
しかし、7回までの投球が嘘の様に、8回に連打を浴び勝ち越し点を許してしまった時には、あの絶好調に思えた田中将大が、打たれてしまい、これ以上の投手が残っているのかと思いきや、首脳陣の決断は、巨人・山口、うわ〜ここにきてまだこんないいピッチャーが残っていたのだ。
その山口も見事期待に応え、後続を断った。

私以上に、台湾も日本の出てくる投手がどんどん、レベルアップしてくるので、せっかく慣れてきて打っても、すぐにまたいい投手が出てきてしまうので、選手層の厚さを痛感したのではないだろうか?これに比べ、王建民交代以降の台湾の投手陣は、日本と比較すると劣っていた気がする。

今回のチームを観ていて、強く思う事がある。
それは、采配の素晴らしさ。最終決断は山本監督なのだろうが、あの9回の鳥谷の盗塁や打順、投手の起用(抑えも牧田だけに固執していない点)、阿部に代走を送ったタイミングなど…
全てにおいて何で?という疑問が全くない。
こんな事は、今までの記憶で過去のWBCやペナントレースを見ていても初めての事だと思う。
普通は、投手交代でも何でここでこの投手?とか、相手が左投手だと、安易に右の代打を送ったりとか、いろいろ疑問があるのだが、今回のチームは誰がイニシアチブを握っているのだろうか…?
梨田コーチ?橋上戦略コーチ?

…それにしても、言うまでもないが中日の井端選手は素晴らしい!!
今の所のMVP候補!ブラジル戦もそうだったが日本の数多くのピンチを何度も救ってきた。
中日では、もちろん一流プレーヤーだと思うが、こういう舞台でこんなに力を発揮できるのはやはり天性のモノ?イチローの言葉を借りれば「持っている男」なのだろう。

追い詰められたあの9回二死から、相当なプレッシャーがある中、ランナー一塁でどういうバッティングを見せるのか興味があった。
せめてランナー2塁なら、また得意の流し打ちで同点タイムリーがイメージできるのだが一塁では、長打も無さそうだし、相手投手にかかる負担もそれほど多くはないはずだ。

ところが、まさかの鳥谷のスチール成功。
今回のチームは前回の川崎・イチロー・青木という俊足選手があまり表に出てないので、スチールも減るのかと思いきや、これ以上にない場面で走ってくるという相手にとっては、度胆を抜かれた事をしてくる脅威がある。

そして鳥谷を2塁に置いたところで、井端は右打ちをするのかと思いきや、何と引っ張って中前にタイムリー、奥の深さまで見せつけた最高のバッターだ!

…きょうの相手はオランダ戦、大会前はWBCなんて結局、韓国・米国・キューバさえ注意すればと思っていたが、今回はそれ以外のチームの強い事。
オランダには、あのバレンティンや、メジャー通算四百本以上の本塁打を打っている楽天のジョーンズという
バッターがいる。

ただ思うのは、あまり凄いなどと必要以上に脅威を刷り込まない事が重要だと思う。
今までの戦いぶりを見ていると、明らかに格下相手でも、投手陣は初回から1点もやれないという事に縛られて、必要以上のプレッシャーを自分でかけていたように見えた。
そんなことはしなくても、どの投手もWBC2連覇で、野球に対しては伝統と実績が米国の次にある日本が誇る
最高ランクの投手達なので、もっと打てるものなら打ってみろ的に自信を持って投げて欲しい。

そうでなくてもアウェーではなく、慣れ親しんだ日本の球場で、しかも観客の9割以上は日本の応援で、あの
いつも聞いてるペナントと同じ応援歌を歌ってくれているのだから、いつまでも緊張なんかする必要はない。
アウェーではないのだから…特にジャイアンツの選手はホームもド・ホームなのだから長野あたりは、そろそろ爆発してほしい。
posted by YOU at 18:05| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

韓国・無念の敗退…

何とあの優勝候補の一角に挙げられていた、韓国がWBCで初の1次ラウンド敗退という
残念な結果に終わってしまった。
…そうは言っても上位2チームと同じ、2勝1敗で結果首位通過となった台湾に勝っての
第1ラウンド敗退という、いささかルールにやられた感じもある。
実力はあるのだろうが、調子が出る前に終わってしまった気もして、残念だ。

しかしながら、勝ち抜いた台湾もオランダも強いことには間違いない。
もしも日本も、A組ではなくB組に入っていたら今の調子では勝ち抜けたかどうか
疑問が残る。
今日からのキューバ戦以降は、オランダとも台湾とも対戦する可能性があるだけに
圧勝して、一気に弾みをつけて決勝トーナメントで米国?を撃破したいところだ。

今後も気になるのはやはり、投手力より打線の方だ。
前回大会では、あのジーターに「内野ゴロが飛んできて一塁へ投げようとすると
打者走者は、もう既に一塁手前まで来ている」とあきれさせたほどの俊足揃いの
メンバーだった。
この走力こそが、本塁打の少ない日本の得点力になっていて、今回も山本浩二監督は
はっきりと打線はあまり打てないだろうから、足を使う事を意識した選手を選出した
というような事を言っていた。

見ている方は、それでもやはり一発の魅力は大きく期待をしてしまうが
第1回大会の日本の主砲松中が、今回メンバーの松田に言っていたが外国人投手の
パワーに押されて、長打を狙うのは相当難しいそうだ。

という事は、前半で投手陣が踏ん張らないと3点以上の差をつけられてしまうと
一発が無いだけに、連打しつつ足も絡める、これを繰り返していかないと勝機は
無いという事か?

それでも、言うまでもなく一発の魅力は大きくランナーが溜まって一発出れば
一気に盛り上がるし、連打を繰り返すよりも期待をしてしまう。
外国人投手のパワーに、飛ばないボール、これらのハンデをはねのけて
日本チームで誰が最初に、一発を打つか興味深いところだ。
posted by YOU at 16:34| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

明日はキューバ戦

何だかんだで、気が付けば2勝0敗の侍ジャパン。明日は最初の難敵キューバ戦。
先発は大隣が有力。キューバは日本が苦労した相手、中国にコールド勝ち。
(コールド勝ちなんてあったんですね)一方の日本は、強化試合を含め今の所それほど強い
チームとは対戦していないのに、どれも接戦というか苦戦気味。

普段あまり、日の丸を背負う事に慣れていないプレッシャーからか、力では断然上の
プレーヤー達が、相手投手に、相手打者に苦労している。
力通りのプレーが出来れば、どれも大勝になると思えるのだが…。
考えてみれば、練習試合とはいえ中国は、巨人やオリックスに大敗していた相手…

今回は現役メジャーでの選手が皆無だが、そんなメンバーがいなくても十分勝てる
豪華メンバー、投手陣を見ても逆に、大量リードを許してしまった時に誰を使うかを
考えてしまうほど、もったいないメンバーである。

ただ、サッカーでもそうだが国際試合では独特の雰囲気もあり、特に強豪チームと戦う時は
メジャー経験者が何より頼りになると思う。
第1回大会、米国と戦った時に日本人選手の緊張を解く?ためにイチローが見事先頭打者
ホームランをかっとばした。
あの場面、単なるヒットでの出塁より何よりホームランが一番効果的であってイチローも
おそらく狙っていたのではないだろうか?

その現役メジャー選手がいない今回、やはり頼れるのは元メジャーの松井や、WBC経験者の
内川・杉内、ベテラン稲葉や昨年巨人で素晴らしいキャプテンシーを発揮した阿部など。
この様な選手たちが、引っ張ればいい雰囲気になっていくのではないだろうか?
緊張はあって当然だが、もうそろそろ調子はともかく、硬さはとれないと何といっても
今はアウェイではなく、ホームでの試合でいい雰囲気でやれているはずだし、応援などもほぼ
日本ファンが占めている。

トーナメントではないので、まだ何回か負ける事ができるが、今回は明日からのキューバ戦を
含め、対戦相手となる、B組のオランダ・台湾・韓国、どれも手ごわい。
中国やブラジル、オーストラリアよりは、数段上の相手である。
驚いたことに、韓国は今回史上最強チームと言われながら、1次ラウンド敗退の大ピンチを
迎えている。
その韓国を敗って出てくる、オランダや台湾は相当強敵だし、もし韓国が困難な状況を
打ち破って、2次ラウンドに出てくると、これもまた勢いが相当増して、手ごわい相手と
なりそうだ。






posted by YOU at 20:48| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

vs中国

昨日のブラジル戦、思わぬ大苦戦の中、勝利した侍ジャパン。
強化試合を見ても分かるように、力の差は歴然としていたのにキャプテン阿部が
言っていた様に初戦は難しい戦いだったのかもしれない。
力が違いすぎるがゆえの、勝って当然、多くの人が大差勝利を予想するなか
8回までリードを許し、あわやの場面だったが最終的には自力に勝る日本が底力を見せつけた。

8回の逆転シーン、日本を研究しつくしているというブラジルだが、無死一塁から四番糸井の送りバント
一死二塁から、代打井端の流し打ち、日本のプロ野球ファンならここまでの作戦は見え見えの作戦に思えた。
日本を研究していたブラジルは、この場面徹底的にインコース攻めで勝負するのかと思いきや、結局井端にきっちり、ライト前タイムリーを打たれた。
桑田氏は、あのボールはインコース寄りのボールと言っていたが、流し打てるボールの様にも見えたのは、相手投手が左だったせいもあるのだろうか?もちろんきっちり打った井端の技術も素晴らしいのは、言うまでもないが…

今日の相手は中国、強化試合ではソフトバンク・巨人相手に2試合とも1-8のスコアで敗れている。
今度こそ、大勝が予想されるが、昨日の事もあるので、首脳陣からくれぐれも相手をなめるなという発言は
あったと思われる。
国際大会、サッカーもそうだが圧倒的に格下の相手とやる時は、勝って当たり前のように見られがちだが
楽な試合なんて一つもないという話しをよく聞く。

しかし短期間でこれだけ毎試合毎試合負けられない、気が抜けないという試合をしろというのは、言うまでもないが相当な事だと思う。もちろんそういう大会なのだろうけれど…
しかしどう考えても、格下チーム相手にまで歴史や伝統、実績のある日本のプロ野球の一流投手を投げさせるのは何か変な気がするというか、もったいない感じもする。

…そう言えば、代表を辞退した中日の吉見がオープン戦で好投したようだ。
キャンプ中では、ブルペンでいい投球をしているのを見た東尾コーチを悔しがらせるほどの
出来たったそうだ。
先日のゲームで、主力の田中・杉内・攝津がことごとく打たれた今、その気持ちは
もっと膨らんでいるかもしれない。
吉見もそうだが、最終選考で体調面を考慮して落ちた、同じく中日の浅尾を落としてしまったのは
もっと悔やまれる気がする。

今の所、抑えは牧田に決めたようで実際昨日の試合でも最終回をきっちり0点に抑えたが
この調子で、米国・キューバ・韓国と相手が強化されていくが、最後まで行けるだろうか?
確かに牧田は、外国にはあまり見かけないアンダースローで昨日出たブラジルの同タイプの
投手より、遥かに技術が上だ。

西武でも新人の年に抑えを、立派にこなしている。
しかし抑えの実績はたった一年。
過去の大会では、修羅場を数多くくぐりぬけてきた、日本を代表する抑えの岩瀬や
藤川球児までもが、大苦戦してきているので、牧田以外の抑えも出来るだけ多く
考えていた方が、いいのかもしれない。
もしかすると経験のある攝津よりも、田中や澤村が最終的に抑えに回っているかもしれない…?!
posted by YOU at 16:45| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

祝開幕!WBC3連覇へ〜侍ジャパン!!

ついに待ちに待った、4年に一度の野球世界一決定戦・ワールドベースボールクラッシック!
日本の初戦の相手はブラジル。
正直サッカーなら、絶望的な相手だがブラジルと聞いて野球のイメージはほとんどないに等しい。
日本球団との練習試合でも、さほど強さは感じられない。
日本に、余計な力が入らなければ敗戦はまず考えられない。

初回、格としては遥かに上の楽天・田中だがどうしたことだろう?
簡単に1点を奪われ、ヒットも簡単に打たれていた。
田中ほどの投手なら、今や日本の絶対的エースの存在でポストダルビッシュ的な、存在感といえるほどの力の持ち主のはずなのに…。
思えば、練習試合の時から調子は決して好調とはいえない出来だった。

どこか体調でも悪いのだろうか?今日の試合も最初から、その表情からはひきつった様子がうかがえ、緊張でもしていたのだろうか?表情がやけに硬い様に思えた。
国際大会の独特な雰囲気なのだろうか?打線も初回は少々緊張気味で硬くなっているように見えた。

しかしそこは、自力の上ではるかに勝る侍ジャパン。4回に見事逆転、先発の田中も首脳陣は不調と見たのか?あっさり交代、代わった杉内は安定感抜群の投球を見せた。

この大会の重要なポイント。海外組がいない中、3大会連続出場の経験者杉内の存在、しかも前回大会では、1点も許さず完璧な投球内容、統一球の完全克服、マー君やマエケンがいる中、18番を杉内に託した首脳陣の期待は計り知れない。
不安と言えば、昨シーズン後半はケガでペナントを離脱し、復帰後も本来のピッチングが見れらず早めに復帰したのに、クライマックはおろか、日本シリーズにも間に合わなかったため、果たして本当に復調しているのかどうか、見切り発車的な部分もある。

現在4回裏、一死二塁のピンチ、この展開は日本の力を考えると大苦戦といってもいい展開だ。
ある評論家が言っていたが、ブラジルはいい投手が4人位いるので、点を取られる展開になると苦戦すると言っていた。
万が一この試合を、落とすようだと今後キューバも控えているだけに精神的にもきつくなる。

あっ、杉内タイムリー打たれた…
何故、こんなに格下の選手達に日本が誇る一流投手が打たれてしまうのだろう…
単なる、初戦のプレッシャーなのだろうか?

がんばれニッポン!



posted by YOU at 20:49| 野球WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする